ニュースや週刊誌でよく目にする『闇カジノ』『裏カジノ』って何?オンラインカジノとどう違うの?『インカジ』も含めて、その違法性について解説します。

闇カジノ/裏カジノとは?オンカジは?

日本国内にも、闇カジノや裏カジノと呼ばれるカジノがあります。時々『闇カジノ摘発』のニュースが報道されますが、これらのカジノは完全に法律違反で、確認されれば摘発されます。

闇カジノや裏カジノでもインターネットでカジノゲームをさせる事もあり、このような場所は通称『インカジ』と呼ばれています。海外でライセンスを取得して運営されているオンラインカジノとは異なる性質のものですが、混同されがちなコトも確かです。

闇カジノや裏カジノはどのような場所なのか

闇カジノや裏カジノと呼ばれる場所は、基本的に違反とされているカジノサービスを国内で提供している店です。日本国内ではカジノは、ギャンブルとして営業を認められないため、金銭的価値のない『アミューズメントカジノ』という形態でしかカジノゲームを提供できません。しかし、隠れてギャンブルサービスを提供している店が存在します。

こうした店では、利用者を限定させたうえでカジノのサービスを提供し、勝てば現金を獲得できるという違法なサービスを提供しています。海外へ行かないと利用できないギャンブルが日本国内でできるとあり、ギャンブル好きの方が利用している傾向もあります。このような場所でプレイした場合、胴元のみならず、遊んだ本人も賭博法で裁かれて有罪となります。これがよくニュースでやっている『裏カジノ摘発!』というやつですね。

また、このような闇カジノでオンラインカジノを活用した、通称『インカジ』と呼ばれる店もあります。インカジは、インターネットを活用してカジノのサービスを提供する方法で、基本的に違法な店です。こちらはテーブルなど、大掛かりなものを準備する必要がなく簡単に用意できるという利点から多くなりつつあります。このような店舗があるカジノは日本では2020年の時点では違法ですので、利用しないようにしましょう。

近年は摘発されるペースが加速しており、闇カジノや裏カジノは徐々に消えつつあります。しかし、摘発されてもまた別の場所でサービスを提供するケースもあります。カジノ法案が通過し、今後日本でもIR(統合型リゾート)でラスベガスやマカオのように国内で店舗カジノが解禁される中、カジノを運営するためのライセンスは厳しく管理され、ライセンスを取得していない闇カジノ・裏カジノへの取り締まりは更に厳しくなっていくでしょう。

オンラインカジノと闇カジノ・裏カジノはどのような違いがある?

オンラインカジノは、基本的に政府が発行するカジノ運営ライセンスを取得している会社が提供するサービスです。ライセンスを発行している国はマルタ、キュラソー、フィリピン等。またライセンスが発行される国内のプレイヤー向けではイギリス、スペイン、フランスなどヨーロッパの多くの国々が認可制を取っています。政府発行のライセンスを取得して運営しているオンラインカジノはそれ自体合法であるだけでなく、ギャンブルの性質上、監査機関による厳しい審査を通過しています。

この点が、オンラインカジノと闇カジノ・裏カジノの違いです。

しかしこのようなオンラインカジノのライセンス制度は2020年現在、日本にはありません。よって、日本の会社がオンラインカジノを運営する事は違法です。

日本に居る人が海外のオンラインカジノにアクセスしてプレイする事は違法なのか、合法なのか?グレーゾーンとよく言われていますが、日本の賭博法は胴元を摘発する事に重きが置かれており、賭博には必ず胴元とプレイヤーの2者がセットになっていないと成り立ちません。

過去に日本でオンラインカジノ関連で逮捕者が出る事例はあったものの、それは国内での運営など、違法とされる運営を行ったオンラインカジノです。また2016年にオンラインカジノをプレイした、という理由でプレイヤーが逮捕となった事件がありました。この件に関して、3人は裁判で争わず罰金を払う事で釈放される略式起訴に応じています。

そしてもう1人、オンラインカジノをプレイした事で逮捕されたプレイヤーが、略式起訴を受け入れず裁判に臨む姿勢を見せました。このプレイヤーは、不起訴となりました。 従って現状では、合法であるとも、違法であるとも断言できない、グレーゾーンにあると言えるでしょう。

おすすめオンカジ
4.8 rating
カジ旅: RPGとオンラインカジノが合体した人気カジノ
4.5 rating
ワンダリーノ: アドベンチャーゲームの要素がつまったオンラインカジノ
4.8 rating
ベラジョンカジノ: 日本人向けオンラインカジノ実績No.1